オリオンバスの不満はあった?

オリオンツアーバスの不満な所は?

オリオンバス

運転手の性格の差かな?

 

大阪から東京ディズニーシーに向かったオリオンツアーバス。

 

夜行バスに乗りなれているわたしは、乗車してすぐに眠る準備を始めて、足元の位置や枕、リクライニングの角度などを調整しました。

 

梅田のモータープールを出発して20分ぐらい経った後、運転手からアナウンスが。

 

この後は車内の灯りは消されるので、携帯電話やパソコンは禁止、メールのチェックも光が他の乗客に迷惑になるので、これまた禁止。

 

 

これは夜行バスに乗る時の常識なので、問題ありません。

 

ただ、わたしの周りにいた乗客の中には、初めて夜行バスに乗る人が何人かいて、かなり文句を言っていました(笑)。

 

 

夜行バスで禁止されるのは、携帯やパソコンだけでなく、友人同士の会話もNGになります。

 

これも運転手からアナウンスがあったんですが、さきほどの乗客がこっちにも聞こえる声で

 

「そんなのって、ありえない」

 

と、重ねて文句を言っていました。

 

 

その後、消灯になったんですが、文句を言っていた乗客二人組は、ひそひそ話を始めました。

 

車内は車のエンジン音しか聞こえないほどの静寂なので、このひそひそ話は、結構、こっちまで聞こえてきます。

 

でも、わたしは疲れていたので、うとうと。。。

 

 

運転手もこの話し声に気づいたらしく、しばらくして彼らの席まで来て注意しに来ました。

 

その注意する声がめちゃくちゃ大きくって、しかも、かなり怒り口調。

 

 

おかげで、わたしの眠気は吹き飛んでしまい、しばらくは車に揺られてボォーっとしていました。

 

 

まぁ、もう一人の運転手は穏やかで丁寧にしゃべる人だったんで、これは性格の問題?

 

でも、他の乗客への配慮もすべきだよなぁ〜、と思った次第です。

arrow
申し込み

 

 

 

バスの待合所の遠さ、なんとかならないものか。。。

 

別のページでオリオンツアーバスの集合場所までの道のりを実況中継しましたが、徒歩20分というのは、かなりきついです。

 

春や秋ならまだしも、寒い冬や暑い夏だったら、集合場所に着くまで相当に体力を消耗しそうな感じ。

 

 

JRの大阪駅ではなくって、地下鉄の中津駅から行けば半分以下の時間でたどり着くようですが、わたしは会社も自宅も大阪環状線の駅にあるんで、いちいち大阪駅から梅田に出て地下鉄に乗り換えるのは、かなり面倒くさいです。

 

それでも、激安の乗車料金と、東京ディズニーシーまで直行してくれるバスということを考えれば、地下鉄に乗り換えて集合場所に向かうのは、我慢できるんですけどね(笑)。

 

 

いずれにしても、この2つの不満点はすごい気になることではありません。

 

オリオンツアーバスの快適さと便利さ、そして安さを考えれば、目をつぶれますね!

arrow
申し込み